--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015. 12. 14  
なんとこのブログを開設してから10周年です。

長い!

とはいえ、ここ2・3年は週一でこそこそとやっている程度でした。

振り返ってみると、いろいろなカードゲームをしてきました。


D-0とかリセとか懐かしいなー・・・。

そのときのメンツのほとんどは会う機会はなくなってしまいましたが、当時はいろいろと良くしてもらいました。


ありがとうございました。


このブログの最初の5年ほどはブロッコリーとかシルバーブリッツ系のTCGをやっていることがほとんどでしたが、某会長が某社長になったころに、ゆったりと自分のTCGもシフトしていきました。そのころのメンツが、そういうグループだったことも非常に大きな影響があったと思います。このブログも一番ハジけていた時期だと思います。

自分もそれなりの’若さ’があった時期です。

TCGを自分がいつまでできるか、やっているかはわかりませんが、身近にコミュニティがあるかぎりはずっとやっていきたいと思っています。


TCGとの付き合いは本当に長いです。
いまとなっては人生の中でもっとも長い付き合いのあるカテゴリ・ジャンルが「TCG」です。

学生時代も十数年ありますが、「TCG」はそれよりも長くなっています。
ほんとうに長いですね。

さて、この記事をブログの最後の記事にするつもりなので、これまで誰に話したこともない「自分のTCGのはじまりから、このブログを書くまでの期間」のことを話したいと思います。

・始まり編
自分が最初に出会ったTCGは「ポケモンカードゲーム」です。
(こんなことを書いていると年齢がばれてしまいますが)
友達同士でゲームをするのにTCGはほどほどに優れたホビーであったと思います。
 ・ひとりでする部分(おもにデッキ構築)
 ・ふたりでする部分(おもに対戦)

そんな中、ふいに一人が全国優勝をやってのけていました。当時の自分はその辺に疎かったので、ぼんやりと「なにかすごそうだな」ぐらいに思っていました。優勝者に与えられる「No1トレーナーカード」・・・だったかな?その子の部屋にあるのを見たことがありますが、ゲームに使えないカードには対して興味が持てませんでした。

でも、多分このことが自分にとって引っかかりになっていたのではないかと思います。「ゲームで自分も何か実績が欲しいな」と深層心理では考えていたのかもしれません。ここ数年あの子(といっても同級生なので、年齢は同じでおっさんだが)には会っていないけど、どこかで元気にやっているのかな?

・mtg編
ポケモンカードゲームをしばらく遊んでいたころ、次のTCGとしてmtgがスタートしました。はじまりはほとんど覚えておらず、いつの間にかやっていました。多分ポケカを勧めてきた子が同じように勧めてきたんだと思います。

mtgですから多言語版があって、多少の(かなりの)高級品な感じでした。そのあたりの高級感が手伝ってか周囲でもプレイする同級生が増え、しばらくやっていましたが、さすがに高すぎるのでほとんどは長くは続きませんでした。

そんな中mtgメインで付き合いの長くなるグループと行動することが多くなり、mtgメインにシフトしていきました。当時の自分にはmtgは難しすぎてほとんど理解できていなかったように思います。

今でも苦手意識があります。その頃と比べれば今ならずっと上手く戦えるでしょうけど、やる気はありません。

思えばその頃からカードショップに行く機会がわずかにでてきました。といっても身近には無かったので電車とか親の車に乗っていくぐらいでしか行けませんでした。

カードショップで非公認大会?にも参加したりしましたが、参加費とか、やっても勝てない感が大きな負担に感じて次第にmtgは自分の中で自然消滅しました。

・遊戯王編
mtgをやめる1年ほど前?あたりから、ちまたでは遊戯王カードをちらほら見かけるようになりました。しばらく静観していたのですが、周囲で遊戯王で遊ぶ子がぼちぼち出てきたので、自分も始めました。mtgメインだった子らも相手がいなければ遊べないということもあり遊戯王にシフトしていきました。

今振りかえるとここの期間は長いですね。密度はスカスカだけど、期間が長い。デュエルをせずに買ってるだけの期間もあったような気がしないでもないけど、薄く長くでした。


・D-0編
遊戯王で対戦することもほとんど無かった時期にインターネットでふいに目に付いたのがD-0でした。ちょいと腕試しみたいな気持ちもあって始めました。が、地元には相手がいなかったため、対戦相手を求めてCK児島に行くことに。今では車での移動にもなれましたけど、当時は相当遠くに感じていました(距離は今でも変わらず遠いけど)。

運よくCK児島でもD-0を意識している店員さんがいて、ぼちぼち対戦の機会を重ねて、自分はその頃からの常連となっていますが、もう十年になるんですね・・・・。最近は週一ですけど、週二・週三のときもあったぐらいですから。よく通(かよ)ったなー。

児島の常連メンツも、たとえば当時高校生のときに知り合った子が今、店長してますから、世の中何が起こるかわからないものですね。

話し戻ってD-0ではいよいよ大会に参加することが増えました。新幹線とか使いました。D-0は勝ち星が増えると賞金が増えますから、わかりやすい目的というか目標となって、自分もトーナメントプレイヤーとしての心構え?みたいなものを考えることができました。

プレイヤー技量としての大部分はこのときに鍛えられたと思います。これには当然、周囲の力量さまさまな部分が大きいと感じています。と、同時に「大会では個人戦だけど、実力を伸ばすにはチーム・・というかグループで対応していかないと現実的ではないな」と深く思うようになりました。

自分の中では、D-0以降に触ったTCGはグループ(身内)で盛んにプレイできるかどうかが重点となっていきました。全国大会とか地方の大型大会とかで通用するゲームができるかどうか。今風にいうと「意識高い系」とかそう言うんでしょうか。

身内戦がどのレベルにあるかは最初に大会に出て見ないと分からないところではあります。自分は周囲よりも遅めにスタートする派になっていましたね。

また、D-0と同じくらいの時期に リセも始めてました。リセのほうは全国大会には全く参加しなかったのですが、自分にとっては周囲のレベルが自分よりも高かったこともあり、鍛錬のひとつとして始めました。

やっていた期間の中で特に強い方たちと何度か対戦する機会はありましたが、ほとんど勝てずじまいでした。まぁ、リセ本体の環境がやや翳っていく時期にもさしかかります。


・・・と、このへんの話はブログの過去記事にも多分ありますね。ついつい話し込んでしまいました。

そんなこんなでTCG人生をまだやっています。全国大会に行ったことやタイトルカップで優勝したことなど、すでに最初の頃の目的は達成しているといえないでもないですが何の因果かはたまた人のつながりのなせる業(わざ)か。


このブログをご覧になっていた皆様、もし今後、私と出会うことがありましたら、たとえば大会で対戦する機会がありましたら、是非よろしくお願いします。

長らくのご愛顧、まことにありがとうございました。

m(_ _)m ← P.Sこういった絵文字も懐かしいなー
関連記事
Twitter RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEW Topics
ブログ開設から10周年&最後のメッセージ
WGP名古屋結果
買ったはいいものの
集中
(公開忘れていました
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ゴルドー

Author:ゴルドー
WS2014キルラキル優勝
毎月ユーザー主催 WS非公認大会やってます

岡山県

毎週金曜日に更新しています

このブログに含まれる主成分:
・パロディ
・ヴァイスシュヴァルツ
・ローカル・地域ネタ

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。