--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015. 03. 13  
プレイングの話です。


かなり長いことTCGをやっているので、これまでにもいくつかのTCGを転々としながら今にいたるわけですが、そんな中でプレイングの話をします。

この話の全体像として「TCGには人、デッキ、手札、確率の4つの要素がある」といったふうで記事を書きます。


まずは「対戦するときに何をどこまで準備できるか」という点です。

>>「人」
自分と相手のことです。対戦するときには必ず揃っています。

>>「デッキ」
自分のデッキと相手のデッキのことです。これも対戦するときには必ず揃っています。

>>「手札」
とりあえず初期手札という解釈でお願いします。これも対戦するときには必ずあります。(TCGによっては初期手札が無いものもあるかもしれません。そういうものは今回の話とは別とします)

対戦はこういった3つの準備・用意できるものからゲームがスタートして、互いに互いの確率と流れによってゲームは進行していきます。


>>「確率」
ほぼ全てのTCGにおいて絡んでくるのはこの「確率」という存在です。これとの付き合い方は人によって異なりますし、考え方も違ってきます。
※これは事前準備ではありませんが、ゲーム(対戦)が始まると必ず現れます。


次に、「ゲーム中のどこに”プレイング”が存在するだろうか」という点です。

基本的に”プレイング”とは人の行動パターンやアクション、手札のカードの使い方という解釈で間違っていません。ただ、自分が長いTCG生活の中で感じたのは、「手札のカードの使い方(プレイ)というものは、所詮(しょせん)引いたカードを使っているにすぎない」ということです。

「手札の使い方」という解釈であれば、「引きの強さ(確率)」が「プレイングの強さ」と比例してしまう為、「引きが弱い」と「プレイングが弱い」ということにもなります。これでは”プレイング”本来の言葉の意味が失われているように思います。


私が考えるに、”プレイング”を客観的に認識する為には人を軸にするべきです。
「引きの強さ(確率)」は人の手の範疇ではありません。個人差という考え方も出来なくはないですが、そういってしまうと”プレイング=個人差”ということになってしまい、自分と自分以外の誰かのプレイングを比較することに意味がないことになってしまいます。個人差は上達とは無縁な存在です。

TCGを一刀両断に「運ゲー」という人たちは、このあたりで思考が止まっているものと思います。
しかし、それはそれで正しいのです。人の手のどうしようもないところで手札(引き)の強弱が左右されてしまうので、つまり勝敗が左右されるということになります。

そうは言っても、構築以外の部分でも人の介入する余地は何かありそうです。


しかし、ここまでで”プレイング”に関係する存在は全ていなくなりました。
・人を軸にした事柄のようですが、その正体はよくわかりません。
・デッキはただのカードの束でゲーム(対戦)中は固定です。人が関係しますがこれは”プレイング”ではなく”構築”になります。
・手札(引きの強さ)は確率が絡むので、人の手の範疇ではありません。



ここでふと立ち止まってゲームを振り返ってみましょう。

1.卓につきます(自分と相手)
2.初手を引いて
3.ドローフェイズ
4.メインフェイズ
5.(バトルフェイズ)
6.エンドフェイズ

もうちょっと細かくしてみましょう。

1.卓につきます(自分と相手)
2.初手を引いて
2-1.マリガン
3.ドローフェイズ
・・・

2-1にマリガンが増えました。

マリガンとは、ゲーム開始時の手札からX枚を捨てたり、山札に戻すなどして、新たな初期手札を作ることをいいます。

今回、私が提唱する”プレイング”はココになります。
引くカードには確率が絡みます。しかし、自分が手札からカードを選んで捨てるときに確率は絡みません。

WSの場合、初手マリガン(WS上ではマリガンという単語は使われないですが、初期手札の引きなおしのこと)で捨てるカードを選ぶとき、ここに”プレイング”の入る余地がありそうです。

また、クロックフェイズに手札を1枚クロックに置くことができますが、これも手札から捨てると同じ解釈が使えますのでここにも”プレイング”の入る余地がありそうです。

”プレイング”とは、一試合毎の勝利への手順などではなく、”自身の上達”によって勝利に近づいていくものだと私は考えます。


余談
「WSは運ゲーなので」ということがよく言われますが、私からすると「OOは運ゲー」以前に「TCGなので」のほうが意味が近いと思っています。「囲碁・将棋でもやれ」っていうのもTCGと違うものが挙げられていますし。
TCGで実際に遊んでいる人たちの中で、TCG(トレーディングカードゲーム)というジャンルそのものにもう少し理解が深まればいいなと思います。TCG自体がひとつのジャンルなんだよ、って。

おわり
関連記事
Twitter RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
タイトルの格差
NEW Topics
ブログ開設から10周年&最後のメッセージ
WGP名古屋結果
買ったはいいものの
集中
(公開忘れていました
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ゴルドー

Author:ゴルドー
WS2014キルラキル優勝
毎月ユーザー主催 WS非公認大会やってます

岡山県

毎週金曜日に更新しています

このブログに含まれる主成分:
・パロディ
・ヴァイスシュヴァルツ
・ローカル・地域ネタ

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。