--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014. 11. 28  

久しぶりのデッキ投稿となります。

WGP2014のネオスタンダード環境は
ニセコイがひしめいている中、
大阪地区でネオス3位に入賞した
fateライダーに興味を持ったので、
最近使っていました。

レシピは画像でご確認ください。


※今回は調整を重ねた結果、手元に無い
カードを使うことになりそうだったので
カードボックスのデッキ置き場を使って
レシピ画像を作りました。

>時系列
2014年10月末ごろにWGP大阪があったので、
その後公式サイトにレシピが上がってから。
だいたい11月の第2週から第4週の公認やフリーにて使用。

>戦い方
公式にレシピが掲載された当時に
いくつかの解説記事は目にしたのですが
「使ったこと無いですが」みたいな前置きがあって
信憑性に難があったので
レシピを元にいろいろと試して
いくつか動きを見つけたので紹介します。

その過程でいくつかカードを差し替えています。
後述します。


まず構築をパッと見で、ライダーを知っている人なら
当然知っているステンノ。
これを揃える為の1-0キャスター。CX。

ライダーの主力となる1/1 7000と絆。

Lv3のフィニッシャーは赤の凛アチャ+CXと
覇道ライダー。

ざっくりとこれくらいは目に入ると思います。

そしてこれらのキャラ(ライダー、キャスター、ステンノ)を
並べる為の補助として、アイリスフィールと煉獄。

この段階では、これら以外のカードは
ただの数合わせ、どうでもいいカードのように映ります。


大阪ネオス第3位のレシピと見比べながら
今後の記事を読んでもらえると理解が深まります。

では、まず最初に試した動きから。
ケース1「いかに後列ステンノx2を揃えるか」
やはりステンノが2体揃ってなんぼ、のライダーですから
それを中心に流れを組み立ててみました。

わかりやすくいうと青のカードでの立ち回りですね。
キャスター、CX、アイリスフィール or 煉獄。
この場合、山札から引っ張るのはキャスターか
1/1 7000ライダーで、煉獄の場合マスターはどれでもいいでしょう。

そしてこの動きを試してすぐに気づきましたが、
この動きは極めて弱いですね。

理由は盤面にライダーが出ていない。
特に1-0での盤面展開に青を選ぶと
1-1 ライダーは出せません。
※運がよければクロック絆で緑色出ますが。

そしてこのキャスター筆頭の盤面は
パワーが低く、こちらのアド損必死です。
ので、この動きには見切りをつけました。

行動原則その1.「最初(Lv1)の色は緑」
これは99%以上のケースでそうなるでしょう。
手札に青のカードしかなくても
レベル置き場に緑を置く覚悟で。
どうせ青色だけ出てもゲームに勝てません。
勝てないというか、ゲームにすらならないので。

ここで初期の動きがほぼ見えてきました。
このデッキは見てのとおり、
カードの役割が色で明確に区別されています。
つまり、色が無ければ使えないカードは明白です。

lv1のときに緑を選ぶので、L1C0のとき
イベントやCXは打てないものとして捉え、
緑色で展開できるものを優先すべきということです。

となると、優先される盤面(手札)は
1/1 ライダー複数、ステンノ複数、助太刀
こうなります。

ここで「使ったこと無い記事」のひとつの間違いに気づきます。
「CXをがんがん撃ちましょう」というのは
(マスター型は知りませんが)ライダーにおいては間違いですね。
そもそも撃てませんから。

話は戻りますが、1/1ライダーを複数展開するにあたり
重要になるのはやはりストックです。
1体出すのにストック1かかりますから(当たり前ですが)、
2体出すにはストックが2かかります。

ではストック2あればいいかと問われると、それはNoです。
1/1ライダーを複数握れなかった場合にアイリスフィールを
経由するパターンも考えられますから、
理想はストック3~ということになります。

行動原則その2「最初は緑、それまでにストック3を目指す」

ストック3~という目安がでてきたのでそれを目指します。
単純に言えばLv0キャラで3アタックするということに
なります。
私の場合、大阪のレシピではLv0キャラが不足していると
感じたのでヴィマーナ(赤L2-0のEV)をキャラの枠に変更。
※ヴィマーナは打つタイミングがほぼ無い印象。

また、青の龍之介は色配分・パワーライン観点から
みても微妙に感じたので、近いパワーライン
かつ手札に握りやすい(シフト)のウェイバーを
入れました。

黄色のlv0はデッキの色として異物になるので
枚数を減らし、ライダーのネームへ。
これはパワーラインの底上げと、キャスター連動で
たまに出すときに盤面が良くなるからです。


ここまでの流れを盤面に直すと、
Lv1
 前列:1-1 ライダーx2、なにか
 後列 ステンノx1~2

こうなります。
こうならなかったら、大体負けます。
最後に勝ったにしても、
終盤までかなり不利なシーンが
連続することになります。

L1C0でさきほどの盤面ですから
L1C1~2であれば
 前列:1-1 ライダーx2、なにか(キャスター)
 後列 ステンノx2

こうなってほしいところです。
煉獄があればできるでしょう。
※アイリスフィールを経由するとストック3かかる上に、
アイリスフィールを踏むことになってしまうので
あまり良くないです。

この盤面になったら、あとはライダーで殴るだけです。
見てのとおりでライダーは強いですから、
ずっと
 前列:1-1 ライダーx2、なにか
 後列 ステンノx2

この盤面が続きます。
「なにか」が↓しますが、次に引いたカードを出せば
いいだけですから手札は減りません。
しかし相手は2~3枚ずつ前列を失うことに
なるので手札の差は徐々にでてきます。

こちらの構築にエーデルフェルト姉妹が
入っているのは、ここの盤面を意識してのことです。
空いた1枠で何が出来るかという点で、
エーデルフェルト姉妹は「手札と控えの”セイバー”交換」が
できます。このデッキには都合4枚の”セイバー”が
入っているので何かしら回収できるでしょうし、
コストで捨てたものをそのまま回収しても構いません。

あと姉妹がマスターであることと赤色というのも
ポイント高いです。

煉獄で山の中を探すときに
サーヴァントは何かしら
(ライダー、ランサー、凛アチャ、キャスター)あるでしょうが、
マスターは腐りやすい傾向があります。
サーチに失敗しないまでも、ほぼ無意味な
カードをサーチしてもうまみが少ない。

その点エーデルフェルトは、さらに次のカードに
つながるので数少ない小回りな仕事ができます。


ここまでで大体ライダーの動きと
大阪のレシピと自分のレシピの違いについて
書き終えました。

あとは・・・、2-1ライダーの点でしょうか。
これは1-1 7000ライダーがそのうち
↓するときがあるので、その返しで
2-1 8500ライダーを出します。
ただ、それだけです。

それだけですが、これはかなり重要な意味があります。
ひとつはパワーラインの底上げです。
もうひとつがLv2という点です。
1-1 7000ライダーはパワーは高いですが、
相手からサイドアタックされるという
わずかな弱点があります。
そういったときにLv2ライダーにすり替わると
相手はいよいよチャンプアタックになるので
手札の差がでてくるようになります。

構築面、戦略面はこれくらいですね。


あとは個人的な感想となります。

公認やフリーでいくつかのデッキと回しましたが
ネオスを意識しているデッキと対戦するときは
なかなか良い結果を見せていますが、
ネオスをまったく意識していないようなデッキと
対戦してしまうと良くありません。
また、ライダーがパワー負けしてしまう
タイトルもあり(ミク黄)、公認で使うなら
周囲のタイトルをよく観察して決めましょう。


このライダーは耐久力が無く、
バーンといっても本体は高ソウルで大味なので、
細かく詰めるという戦術はできません。

つまり今のネオスのように互いに耐久力が薄く
(回復手段が乏しい~無い)、
互いに殺意を高めているなら、
このライダー・凛アチャでも出し抜けますが、

一昔のネオスのように、フル扉・
Lv3回復キャラの多投構築と対戦した場合
こちらの高ソウルがキャンセルされて、
細かいところは回復されて詰めきれず負け
ということになってしまいます。


と、記事はこんなところでしょう。

ネット上では、ろくに使いもせずに
第一印象で適当なことを書いている人も
いますが、自分にしてみれば
仮にラッキーで3位だったとしてもそれは
「予選を5-0か4-1して、決勝を2-1」
しているということですから

ためしに組んで回してみるぐらいの価値は
十分にあるように思います。

実際、回してみると各カードの役割は
とてもよく研究されているし、枚数配分に
ついても調整を積み重ねられていると思いました。

WGP2014大阪でfateライダーを使って
レシピを載せた「リュカ」さん、
良いデッキで遊ばせてもらいました。
ありがとうございました。


超長文になりましたが、これにて終了。
関連記事
Twitter RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
WGPも佳境
NEW Topics
ブログ開設から10周年&最後のメッセージ
WGP名古屋結果
買ったはいいものの
集中
(公開忘れていました
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ゴルドー

Author:ゴルドー
WS2014キルラキル優勝
毎月ユーザー主催 WS非公認大会やってます

岡山県

毎週金曜日に更新しています

このブログに含まれる主成分:
・パロディ
・ヴァイスシュヴァルツ
・ローカル・地域ネタ

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。