--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014. 11. 21  

最近、カードゲーム対戦をしていて感じていることがあります。

それは、


自分がゲームに負けたときに

「なぜ勝てなかったか」ということです。



今回は微妙な”言い回し”の話になります。


”言い回し”なので、
似ているけど違うこととして話をします。


まずは、「なぜ勝てなかったか」と”似ているもの”を紹介。

1.「なぜ負けたか」
これは(いろんな意味で)難しい問いかけですが、
考えても意味が無いことがほとんどだと思っています。

ので、「なぜ負けたか」は考えません。


2.「どうすれば勝てたか」
これは自分のプレイミスを探すときに使います。
勝てたゲームを落とすのはミス以外の何物でもありませんからね。

だからといって、実際に勝てるかどうかもわからないものを
どうすれば勝てたかなどと考えたりはしません。
それはただの妄想です。


さて、本題の「なぜ勝てなかったか」と
いうことに入っていきますが、
さきほど例に挙げた2つとは微妙に違うことが
うすうす感じてもらえたでしょうか。

さっぱり分からないという人は
この先を読んでもやっぱり分からないと思います。

でも、心配しないでください。
これはただの個人の考え方のひとつであって
正解がこうだとか、あれは間違いだとか
そういうことではありません。
分からなければ聞き流してくれれば
それでいいのです。


「なぜ勝てなかったか」
私は、おおすじで2パターンを意識しています。
・相手のキャンセルが強かった
・自分のデッキが弱かった
このどちらに該当するか、はたまたこの両方か
ということです。

試合内容を客観的(相対的)に見て、
相手のキャンセルが強かったかどうかを考えます。
※ここがめちゃくちゃ難しいので、多分理解されません。

あとは自分のデッキをこう変えたら
もっと上手くできただろうな、ということです。


以前にも書きましたが、
やはり弱いデッキを使うと勝率は下がるものだと思うのです。
これは個人のプレイングの問題ではありません。

しかし、なかなか「自分のデッキが弱い」という
自信が無いものです。
ここをあれに変えたら良くなるという確信に近いものがあって
はじめて「いまの自分のデッキが弱い」ことに
自信が持てるようになります。

私個人の考えとしては、
「プレイングを直す(考えていく)より、
デッキのカードを変えたほうがいい」
という感じです。

これなら誰だってできます。

ただ、「デッキのカードを変えることは出来ない」というのであれば
人のプレイングを変えていくしか無いでしょう。

この二段構えなら、どうでしょうか。


ほとんどの人は上の二つを同時に頑張ろうとしたり、
ある人は格下に要求したりする傾向があるように
感じていますが、別個にすればいいと思います。

たとえるなら、道の上に大きな岩が2つあります。
この道を通りたければ、片方ずつ動かせばいいのです。
両方一気になんて重過ぎて無理です。

私はそう考えます。


みなさんはどうでしょうか?


・・・書いているうちに
最初に書いていることと趣旨がずれてきた気がしますが、
どのように勝つか≒どのようにスキルアップするか
という点で、
「デッキの中身を変える」か
「プレイングを変える」か

きちんとメリハリをつけてやったほうがいいですよ、
ということです。

ざっくりとした目安でいえば
とりあえず3戦、5戦ですね。

カードを変えるのはそれからでも遅くないです。

※大会中はカードを入れ替え出来ないから、
フリー対戦で数をこなしてくださいね。


よくわからないまま、終わり
関連記事
Twitter RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
【WSデッキ】Fateライダー
NEW Topics
ブログ開設から10周年&最後のメッセージ
WGP名古屋結果
買ったはいいものの
集中
(公開忘れていました
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ゴルドー

Author:ゴルドー
WS2014キルラキル優勝
毎月ユーザー主催 WS非公認大会やってます

岡山県

毎週金曜日に更新しています

このブログに含まれる主成分:
・パロディ
・ヴァイスシュヴァルツ
・ローカル・地域ネタ

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。