--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014. 08. 08  
特にここ最近(といっても今年に入って少し経ったころからですが)、周囲でプレイングに関する話題がより多くなってきた気がします。


といっても、自分がそういう話をするわけではなくて、周囲が周囲でそういう話をしているのを耳にすることが多くなった、ということなのですが。

今回の話は、自分はプレイミスということを考えません。


(・・・衝撃的な一文を書いて興味を持たせる作戦。)


まずは、どういったことがプレイミスなのかということですね。

周囲のプレイヤーのレベルもまちまちなので、レベルの高い人とそうでない人のプレイングに関する捉え方は違うので会話がかみ合ってないこともしばしば。

自分の考えるプレイミスとは、いわゆる 大チョンボのことです。
たとえば・・・ストックの管理で、次のターンにlv3のキャラを2体出したいので最低でもストック4で折り返さないといけないな、と考えていたにもかかわらず なぜかそのターンでストックを使い切ってしまい、結果3アタックしても3ストックにしかならずに次のターンのキャラ展開に重大な悪い影響を与えてしまった、こういう場面です。

こういうのはプレイミスでしょう。

でも、たとえば さっきの場面で もうすこしフェイズを巻き戻して ドロー・クロックフェイズではどうでしょうか。
同じように4ストックで折り返したいなと考えている手札を持っているとしましょう。そして引いたカードはキャラカードではありませんでした。しかたがないので、それをクロックにおいて2ドロー。

それでもキャラカードが来なかった、とかコストがかかるキャラカードを引いてしまったとか、そういう場面はあたりまえにあるでしょう。その結果、ストック4で折り返すことは出来なくなります。

引きが悪いですね。

が、しかしですよ。
引いたキャラカードが何でアレ、自分には 以前のターンから後列にキャラがいます。
こいつでアタックすればストック4は確保できます。

まぁ、これは普通のプレイングですね。

でも、ですよ。
ここで後列キャラを前に出してアタックすることが必ずしも正解とは言えないということです。
変な話ですが、いま後列を失うよりも次のlv3キャラ展開を2体ではなく1体で我慢ですれば別の手段もあるかもしれません。

どちらにしても、「どちらかが正解というわけではない」ので難しい問題です。
※「どちらかが正解というわけではない」とは
今回の例のように自分に見えている選択肢が2つあったとして、どちらかが正解であるという考え方は危険です。選択問題ではないので片方は結果が良くなる(正解)・片方は結果が悪くなる(間違い)と決まっているわけではありません。どちらでも良くなったり、悪くなったりする場合も時にはあるということです。

ようは後列を前に出せば次のキャラ展開のストックは確保できるが、それが正解かどうかは分からないのでどのような選択を選んだにしても、結果が良くなろうが悪くなったとしてもプレイミスかどうか判断する材料が無い ということです。


まぁ、基本的にlv3キャラ・・というかストック2のキャラが複数出せるように構えるのがベターでしょうけど、それは正解というよりか やはり ただベターなだけですね。


と、こんな例でしたが
周囲には「プレイミス」の使い方が怪しい人もいるんですよ。

一番それを感じるのが「プレイミスをして負けた」というやつですね。
これ内容は2パターンあって、ほんとにプレイミスして負けたゲームとそうではないけどただ「プレイミスして負けたといいたいだけ」。

前者のは、だいたい 残りの山札のCX状況と盤面の空き具合からアンコールしないと負けが確定しているようなやつですね。

後者のは、似たような場面でも 残りの山札のCX状況と盤面の空き具合からアンコールしなくても負けが確定していないようなやつです。


前者のは 相手がキャラを並べるだけで(ダイレクト込み)致死のソウルが揃ってしまうので、アンコールするしかない が、不注意でその事実を見落としてアンコールをしなかった。

後者のは、「まぁ、キャンセルするだろう(山札のなかにCXは存在している)」という読みで危険なソウルをスルーしてしまった。この場合、アンコールする選択肢は正解かどうかはわからない。ただ、どちらかというとベター、という感じ。


まぁ、なんにしても 相手もCX撃ったりトリガーが乗ったりして すぐ致死ソウルにはなる場合がほとんどですがそうならない可能性もあります。


いろいろ書きましたが、最近プレイングの話題が増えてきたせいか「プレイミス自慢」している人がいますね。新しく覚えた単語を使いたい人。

そのせいでなんか毎試合「プレイミスした」って言ってる雰囲気が漂ってます。・・・プレイミス自慢はいいから、それを修正しろよ、と思っています。

わざわざ他人に自慢しなくて良いから。

あれか、話題探しでプレイミスを探しているだけでそれを直す気は無いのかな。
同じミスを繰り返しているわけではないけれど、あとから「ミスした」連発するんだから「土台」をどうにかしたほうがいい。そのへんがちょっと残念。

プレイを意識していることは良い傾向だけどね。


重要なポイントは
「プレイミスしても勝てるときは勝てる。
 プレイミスしなくても負けるときは負ける。」



おわり
関連記事
Twitter RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
ユーザー主催WS非公認大会
NEW Topics
ブログ開設から10周年&最後のメッセージ
WGP名古屋結果
買ったはいいものの
集中
(公開忘れていました
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ゴルドー

Author:ゴルドー
WS2014キルラキル優勝
毎月ユーザー主催 WS非公認大会やってます

岡山県

毎週金曜日に更新しています

このブログに含まれる主成分:
・パロディ
・ヴァイスシュヴァルツ
・ローカル・地域ネタ

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。